知っておきたい美白効果の高い成分

美白やシミ対策の化粧品はいろいろ発売されています。

それに配合されているのは、お肌のメラニン色素の生成を抑制する成分です。

現在、ビタミンC誘導体、アルブチン、プラセンタエキス、エラグ酸、カモミラET、ルシノール、t-AM美白成分CHA、トラネキサム酸、リノール酸などの成分が、厚生労働省の医薬部外品の承認を受けています。

美白化粧品のラベルに上記のような成分が書かれているのを見たことがある人も多いと思います。

広告等で有効成分を目立たせている化粧品もありますね。

メラニン色素というのは黒色で、これが光を吸収することで、紫外線を体の中に入れないようにしてくれている色素細胞で、紫外線からダメージを受けないために作られています。

多くの女性が悩まされているシミは、このメラニン色素が肌に沈着することでできてしまいます。

したがって、シミができないようにするには、紫外線を浴びないようにするのが一番ですが、なかなかそうもいきませんよね。

美白成分は、シミの元ともいえるメラニン色素を作り出すチロシナーゼという酵素の活性化を抑えたり、メラニン色素そのものに働きかけたりしてくれます。

美白成分は今でも研究が盛んに行なわれていますし、美白・シミ対策の化粧品は、アンチエイジング化粧品と並んでとてもニーズのある分野ですから、今後も期待できますね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:美白・シミ対策情報

このページの先頭へ

美白・シミ対策でアンチエイジング!